マウスウォッシュは刺激が強いものを選ぶのが良いのだろうか?

マウスウオッシュは刺激が強い方が成分も濃いのかまとめ

最初にマウスウォッシュについて詳しく見てみよう

エタノール配合のマウスウォッシュであれば、刺激が強い方が成分の濃さがあるうえ殺菌効果が期待できるかもしれません。 一方、刺激が弱いマウスウォッシュだと効果が低いのでしょうか。 それぞれの成分についてご紹介しますので、確認を行い、自分に合ったタイプのものを選ぶようにしましょう。

刺激が強い方が成分の濃さがあるのだろうか?

手軽に口腔内に発生している細菌発生を抑えたり、衛生面でも高い効果ができたりするのがマウスウォッシュです。
ブラッシングで歯の汚れを落とすのが理想ですが、外出先など難しい場合には心強い味方となり得ます。

マウスウォッシュの使用において、口に含めてからすぐに吐くと高い効果が得られないようです。
理想は30秒以上ですが、難しい場合は15秒以上でも良いでしょう。
また、予め歯のブラッシングができると、より高い効果を発揮します。

ブラッシングをする際、フッ素入りの歯磨き粉を使用する人がいます。
虫歯予防にはプラスですが、マウスウォッシュで濯ぐと却ってフッ素の効果を低下させてしまいます。
そのため、水道水で口濯ぎをしましょう。

夜間の就寝時間は唾液が減っており、口腔内も乾燥する傾向にあります。
それにより、虫歯菌や歯周病菌のような細菌が繁殖しています。
朝の起床後にマウスウォッシュで口濯ぎをするだけでも、殺菌効果が期待できます。
その際、30秒以上行うのがオススメです。

マウスウォッシュの商品選びをする際、刺激が強い方が良いと考える人はいるかもしれません。
エタノールが配合されている分、刺激が強めであれば高い殺菌作用があるのが期待できます。
ただし、使用頻度が高いと唾液減少に繋がり、却って歯の病気が起こるリスクを上げてしまいます。
下手をすると口腔内に必要とする細菌も殺菌をしかねません。
用法を守って使用するのが理想ですが、刺激が強ければ良いとは限りません。

刺激が強いタイプのマウスウォッシュを苦手にする場合は、弱いタイプのものを選ぶと良いでしょう。
余計な負担をなくし、長く使いやすくします。

マウスウォッシュの効果を高めるための使い方

マウスウォッシュの使用により、口腔内の殺菌作用や衛生環境を良くする効果が得られるはずです。 しかし、間違った使い方をすれば却って歯の健康にマイナスとなりかねません。 使い方のポイントをご紹介しますので、上手に活用して歯の健康維持に務めるのはいかがでしょうか。

口腔ケアはマウスウォッシュだけで済ませるのはリスクが高い?

口腔ケアをする際、マウスウォッシュだけで済むのではと考える人がいると思います。外出先などブラッシングをするのが困難な場合だと、マウスウォッシュは頼れる存在になるかもしれません。 しかし、通常の口腔ケアを怠ってしまうと却って歯の病気リスクを高めるので注意が必要です。