口腔ケアはマウスウォッシュだけで済ませるのはリスクが高い?

口腔ケアはマウスウォッシュだけで十分?

マウスウォッシュをブラッシングの代用として考える人がいるかもしれません。
あくまでも口臭や虫歯などの病気予防には効果がありますが、歯に付いた汚れまでは落としてくれません。
特にプラークや歯の隙間汚れは、通常のブラッシングやフロスで除去をしないと落とせません。
外出先では代用するのはアリですが、通常の口腔ケアは欠かさずしましょう。

他には、歯の汚れが蓄積した状態でマウスウォッシュをしても、薬用成分が浸透しにくくなります。
洗浄効果を下げるので、1つの注意点としましょう。

歯の健康維持を図るには、各種日常ケアを行い歯医者での定期健診を受けるのがオススメです。
歯のメンテナンス以外に、歯科医や衛生士がマウスウォッシュの使用をはじめとした口腔ケアの指導もしてくれます。

免疫力を高めるのも大事

マウスウォッシュの使用や日頃の口腔ケアをするのも大事です。
より効果を高めるためには、免疫力を高めるのは大切なことです。

仕事や育児などで忙しい日々が続いたり、ストレスの蓄積が生じたりすると睡眠不足になる可能性が増します。
パフォーマンス低下に繋がる以外に、口腔内の病気リスクを高めかねません。
睡眠不足を感じた時は、積極的に休息をとりましょう。

食事を摂る場合、偏った食事やインスタント中心の人は注意が必要です。
ビタミンやタンパク質などの栄養素の摂取ができる食事をするのがオススメですが、仕事などで満足な食事時間がとれない人はいるかもしれません。
手づくり弁当を用意するのも1つの方法となりますが、間に合わない場合は野菜ジュースやサプリメントの摂取でも良い方法です。
ただし、できるだけ1日1食は通常の食事を摂るようにしましょう。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ